banner

旅行での英会話について

英語は世界で母国語として約3億8000万人、第二言語として約6億人、外国語として10億人以上、合計20億人が話す言語となっています。これは英語を母国語とする人々をそうでない人々が上回る世界で最も多くの人々が話す言語です。これは英語を母国語とする人々をそうでない人々が上回る世界で最も多くの人々が話す言語です。目的地が英米でなくても、海外旅行で英会話が出来れば、行動範囲が大きく広がります。海外では日本語が通じることは非常に稀です。殆ど無い、と言っても良いでしょう。

日本語ガイドを手配できるのは先進国の大きな都市に限られます。また依頼するにしても英語ガイドに比べてかなり割高になります。予算の限られた旅行ならば自分で通訳の役をしなくてはなりません。世界中で自動販売機やスーパーマーケットが増加した御蔭で、会話なしで済むケースもありますが、海外旅行の楽しみは現地の人との触れ合いです。それが目的ならば会話は欠かせません。海外旅行に英会話が必要になってきます。日本でも英語検定やTOEICを受ける人が増えましたが、流暢に英語を操る人はまだそれほど多くはありません。英語がペラペラでないから、と恐れることはありません。英語圏でもそれ以外でも、海外の人は一般の日本人が話す英語を一生懸命理解しようとしてくれますよ。

今は小学校でも英語が必須科目になってきています。これからのグローバル時代では、必ず英会話が必要になってくるからでしょう。子供と旅行にでかけた時、子供が流暢に英会話をしゃべってくれるようにまでなってくれれば今の大人たちはそれほど新たに英会話をマスターしようと思わなくてもいいとは思いますが、まだまだ子供たちがそこまで英会話が話せるようになるかどうかは、現実まだ無理ですね。これから日本の英会話への取り組みに期待したいものです。子供の英会話どうしたらいい?|子供英会話情報

Copyright(c) 2014 旅行 英会話 All Rights Reserved.